キャンピングカーの販売や整備を行う専門店「SiZENTO(シゼント)」=福井県福井市深谷町

 キャンピングカーのレンタルを手掛けるダイキョウコーポレーション(本社福井県福井市豊岡1丁目、山本厚社長)は、キャンピングカーの販売や整備を行う専門店「SiZENTO(シゼント)」を同市深谷町に10月1日オープンした。キャンピングカーの専門店は県内初という。

 同社は大協建設(福井市)のグループ会社。事業の多角化の一環で、横浜に本社があるキャンピングカーのレンタル事業者とダイキョウ社がフランチャイズ契約を結び、2016年からロードクルーズ福井光陽店、18年から同金沢南新保店を運営している。建設業界の人材難の中、福利厚生の充実を図る目的で、グループ会社従業員にキャンピングカーを無償で貸し出すユニークな取り組みも行っている。

 同社によると、アウトドア志向の高まりとともに、首都圏を中心にキャンピングカーが人気で、東日本大震災以降は避難所機能を備えた車としても注目を集めている。県内でも所有者が増えていることから、専門店をオープンした。当面は日本特種ボディー社など国産メーカー3社の車両を扱う。価格帯は300万円~1800万円。

⇒福井県内の新規店情報など詳しく(D刊)

 年間5、6台の販売が目標で、整備や点検ニーズも取り込みたい考えだ。ダイキョウコーポレーションの山本喬取締役は「キャンピングカーを身近に感じてもらい、旅行を楽しむツールの一つになれば」と話している。

 5、6の両日「シゼント」でオープン記念イベントを開き、キャンピングカーを十数台展示。首都圏在住のユーザーをゲストに招き、楽しみ方を紹介してもらう。

関連記事