木の下に降りて眠るナマケモノ=福井県福井市の足羽山公園遊園地

 ナマケモノの一種、フタユビナマケモノの「アサヒ君」。一日のほとんどを、カピバラや鳥たちが自由に行き交う園舎の中で寝て過ごしています。食事の時間になると「アサヒ君」は飼育員さんのエサにつられ、木の枝をゆっくりとつたって先端までやってきました。手渡されたニンジンやリンゴなどをやはり、ゆっくりと食べています。

 ⇒「名前の由来は?」「どれくらい眠る?」飼育員さんの解説動画はこちら(D刊)

 ⇒ほかの動物の動画もたっぷり「D刊Zoo」

 野生のナマケモノはジャガーやピューマなどの天敵に襲われないように、寝るときも木にぶら下がったままだとか。しかし「アサヒ君」はここには天敵がいないと分かったからか、木から下りて、ほかの動物などお構いなしに地面にお尻をついて眠っています。

 ナマケモノの「アサヒ君」がいるのは、足羽山公園遊園地(福井県福井市山奥町)。月曜日休園(祝日の場合は翌日)。入園無料。

 ⇒ほかの動物の動画もたっぷり「D刊Zoo」

×  ×  ×

 福井新聞ONLINEでは身近に会うことができる動物たちを紹介します。

関連記事