金品受領問題について、福井県の清水安全環境部長(左)に謝罪する関西電力の右城地域共生本部長(中央)=9月30日、福井県庁

 関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の元助役から金品を受け取っていた問題で、関電原子力事業本部の右城望・常務執行役員地域共生本部長が9月30日、福井県庁と高浜町を訪れ謝罪した。県庁では、清水英男安全環境部長と面会し、「二度と起きないよう、より一層のコンプライアンス(法令順守)の徹底に努めていく」と強調。清水部長は「立地地域との信頼関係にかかわる問題。極めて遺憾」と不快感を示した。高浜原発だけでなく、美浜、大飯原発で同様の問題があるかどうかを調査し報告するよう求めたのに対し、関電は再説明を約束した。

 ⇒【特集】関電幹部に巨額金品

 右城本部長は冒頭、「福井県や社会の皆さまに多大なる心配や迷惑をかけ、お騒がせしたことについておわび申し上げる」と頭を下げた。その後、問題の調査結果などについて説明した。「役員、社員の一部が良識の範囲内を超える金品について返却などを申し出たが、強く拒絶されるなど返却困難な状況があった。返却の機会をうかがいながら、一時的に各個人の管理下で保管していたこと、大部分は既に返却していることを確認した」と強調。10月2日に調査報告書の内容と新たな調査委員会の設置について、社長会見を開くとした。

 これに対し、清水部長は「経営陣を巡る事案で、企業のコンプライアンスのあり方、ガバナンスの面で非常に不適切」と指摘。「国民、県民に対して詳細に事実関係を明らかにし、しっかりと説明責任を果たしていくことが重要」と述べた。

 高浜町では、岡本恭典副町長と面会。岡本副町長は「町民、われわれ行政も含め非常に混乱を来している。今回の事案は、互いの信頼関係を損ないかねない極めて遺憾な事案。しっかり説明責任を果たすよう要請し、あらためてその報告を求めたい」と語った。

関連記事