優勝した村上めぐみ(左)・石井美樹組=9月29日、愛知県の名古屋市名城公園トナリノ特設コート

 ビーチバレーボールのジャパンツアー第7戦、名古屋大会は9月28、29日、愛知県の名古屋市名城公園トナリノ特設コートで開かれ、福井県勢は村上めぐみ(福井・オーイング)のペアが優勝、坂口由里香(同)のペアが3位入賞した。

 8チームが出場し、トーナメントで競った。村上は石井美樹(荒井商事・湘南ベルマーレ)と、坂口は鈴木千代(クロス・ヘッド)と組み出場した。

 両ペアとも1回戦は2―1で競り勝った。準決勝で両者が対戦し、村上ペアが2―0で快勝。村上ペアは決勝もストレート勝ちし、頂点に立った。

 村上は「ディフェンスが機能し、試合展開をスムーズに持っていけた。ファイナルとなる次戦の大阪大会も頑張りたい」とコメントした。

関連記事