秋季北信越地区高校野球福井県大会3位決定戦・北陸―羽水 8回3失点と好投した北陸先発の印牧光希=9月29日、福井県福井市の福井県営球場

 秋の北信越地区高校野球福井県大会は9月29日、福井県営球場で3位決定戦と決勝戦を実施。残り1つの北信越大会出場権を懸けた3位決定戦は、北陸が羽水を11―3(八回コールド)で下し、2年ぶりに秋の北信越大会の切符をつかんだ。

北陸
131 004 02…11
000 001 20…3
羽水

■北陸 印牧光希―杼木誠太朗
■羽水 向海悠登、寺岡諒太郎―小嶋健太

⇒高校野球福井県大会の勝ち上がり

 北陸は初回、岸本清也の左前打などで1死一、三塁と攻め、水町達哉の左前適時打で先制。二回は印牧光希、岸本の適時打などで3点を追加した。三回に杼木誠太朗の左前適時打で5点目。六回は二死からの6連打で4点を奪い、9―0と大きく点差を広げた。その後3点を返されたが、八回にも加点しコールド勝ちを収めた。

 北陸先発のエース右腕印牧が8回3失点。毎回の奪三振をマークした。

 羽水は4点を追う二回、鳥山優太郎と岩佐将汰の連打で無死一、三塁とチャンスを広げたが、後が続かず無得点。0―9の六回に川崎晟大の中前適時打で1点、七回に小嶋健太の左前適時打などで2点を奪い追い上げたが、及ばなかった。14年ぶりの秋の北信越大会出場はならなかった。

■Web写真館に熱戦写真

 福井新聞社の「Web写真館」では、北信越地区高校野球福井県大会の写真を大量に掲載中。球児たちの熱闘をとらえた写真を試合当日にアップしている。

⇒「Web写真館」はこちら

関連記事