福井市足羽山公園遊園地の仲間に新しく加わったシマリスのオス「はやて」=9月28日、福井県福井市

 福井県福井市の足羽山公園遊園地(ミニ動物園)で9月28日、寄付金を活用して新たに仲間に迎えたシマリス2匹の公開が始まった。ケージ内を動き回り、愛らしい姿を見せている。

⇒シマリスの写真もっと

 今年2月に生まれた雌の「ほっぺ」と雄の「はやて」で、体長15センチほど。ふるさと納税を活用して集めた寄付金で7月に購入した。暑さに弱く、空調設備がある検疫舎で飼育していた。

 暑さが和らいだため公開を始めた。縄張り意識が強いため、舎内に置いた飼育ケージに1匹ずつ入れ、以前から舎内にいる3歳の雌「ちょろ」と“お見合い”させている。

 来園者は「かわいい。ハムスターみたい」と、食い入るように舎内をのぞき込んでいた。

 飼育員によると、3匹の相性が良ければ3匹ともケージから出して公開するが、良くなければ1匹ずつの公開になる。

 同遊園地は、寄付金を活用してプレーリードッグも2匹購入、8月から公開している。

関連記事