9月27日午前10時半ごろ、福井県大野、勝山市境近くの法恩寺山林道で強歩大会中の北陸中学校、北陸高校の男女生徒17人が次々とハチに刺され、12人が勝山と福井市内の病院で治療を受けた。いずれも症状は軽く、命に別条はない。

 同校によると、大会には同中高の生徒計1698人が参加。同日午前9時ごろ、大野市南六呂師から勝山市のスキージャム勝山に向けて出発した。ハチに襲われたのは大野市南六呂師にある経ケ岳登山口近くの展望台から勝山市側へ約2~3キロ進んだ地点。

 じんましんの症状が出た高校3年の男子が勝山市内の病院で治療を受けたほか、11人が福井市内に戻った後、大事を取って同市内の病院で治療を受けた。

関連記事