関西電力本店で開かれた臨時記者会見。右手前から2人目は岩根茂樹社長=9月27日、大阪府大阪市

 関西電力の会長ら20人が、高浜原発を抱える福井県高浜町の元助役から総額3億2千万円相当の金品を受領していたことが9月27日、判明した。資金の出元は関電から関連工事を受注していた建設会社とみられ、電力会社と立地側の後ろ暗い関係が表面化した。東京電力福島第1原発事故で大きく損なわれた原子力政策への国民の信頼は一層低下しかねず、各地の原発再稼働にも影響が出る可能性がある。

 ●配慮

 「そのような認識はない。対価的行為もなく、工事の発注も社内ルールに基づいて適切に実施した」

 27日午前、大阪市北区の関西電力本店で開かれた臨時記者会見で、岩根茂樹社長は謝罪する一方、資金還流や不正の認識を強く否定した。

 金品を渡した人物との関係について「支障が出ると、原子力の運営に悪影響が出るのではと思った」などと繰り返し言及した岩根社長。地元で「陰の権力者」とも呼ばれた元助役への配慮をうかがわせた。

 ●共存

 原発事業を円滑に進めたい電力会社と、経済効果を期待する地元側の“共存”関係が垣間見える今回の問題。原発事故で今も全町避難が続く福島県双葉町の伊沢史朗町長は「他の立地自治体でも同じ構図があると思われるのは遺憾だ」と怒りをにじませる。

関連記事