ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツを運営する福井県民球団は9月27日、主将の中村辰哉捕手(23)、塚田貴之投手(26)、望月嶺投手(24)、石井建斗外野手(25)の4選手の退団を発表した。いずれも、本人の申し出による任意引退となる。

 中村は大野市陽明中出身。福井商高、龍谷大を経て地元枠指名で昨年入団。今季は主将を務め、89打数21安打の打率2割3分6厘。2本塁打を放った。

 塚田は茨城県出身でオリックスから昨年入団。スライダーを武器に今季23試合に登板し0勝2敗。望月は広島県出身で今季は17試合に登板し0勝3敗。石井は神奈川県出身。強肩で長打力があり今季4本塁打を放った。

関連記事