秋季北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・福井商業―敦賀 6回裏敦賀1死満塁、川端祐希の中前適時打で三走の細川琉羽(手前右)が生還し9―8と勝ち越す=福井県営球場

 【秋の北信越地区高校野球福井県大会準々決勝 敦賀10-9福井商業】序盤の失点を、怒濤の追い上げでひっくり返した敦賀。吉長珠輝監督は「粘り強い打撃を見せてくれた。選手に自信がついた試合になった」とシード校を破ったナインをねぎらった。

 初回に5点を献上したが、ナインの闘志がなえることはなかった。その裏、四球や敵失で二死満塁の好機を演出すると、打順は細川琉羽主将へ。「5点奪われて逆に開き直れた」と、インコースのカーブを捉える2点適時打を放った。五回までに計3点を福井商に奪われたが、四回、五回に2点ずつ返し必死に食らいついた。

 1点を追う六回、敵失で得点し福井商の背中を捉え、1死満塁のチャンスで打席に立ったのは1番川端祐希。「この大一番で決めるのは自分しかいない」と気迫の勝ち越し適時打を放った。

 「後半になるにつれて逆転しようというチームの気持ちが1つになった」と川端。準決勝は同じくシード校を破った羽水。「どれだけ投手と守備で守れるかが鍵になる」と指揮官は気を引き締めた。

■秋季県大会全試合を打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サイト「fast」で秋の高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報する。プレー写真も更新し、携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを楽しめる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

 また「Web写真館」では熱戦の様子を掲載する。大量の写真を試合当日にアップ。球児たちの熱闘をとらえた写真の数々を閲覧できる。

⇒「Web写真館」はこちら

⇒あの選手も!福井県内高校出身のプロ野球選手

関連記事