2021年夏に開業する「イオンモール白山(仮称)」の外観イメージ

 イオンモール(千葉県千葉市)は、石川県白山市横江町に「イオンモール白山(仮称)」を2021年の夏に開業する計画を発表した。

 出店計画地は金沢市中心部から南西約7キロで、北陸自動車道白山インターから南へ500メートルの土地区画整理事業地内。敷地面積約17万5千平方メートル、売り場面積は約7万3千平方メートルでイオンモール新小松を上回り石川県では最大となる。駐車場は約4千台を確保する。

 外観は白山連峰の山並みを表した屋根や、手取峡谷をイメージしたダイナミックなアトリウムなど、白山市に広がるさまざまな景観要素をモチーフとしたデザインとなる予定。

関連記事