秋季北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・坂井―北陸 三回に適時二塁打を放った北陸の杼木誠太朗=9月25日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 秋の北信越地区高校野球福井県大会は9月25日、福井県内2会場で準々決勝を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、北陸が11-1で坂井に七回コールド勝ちを収め準決勝進出。北陸は打線が爆発し、捕手杼木誠太朗の5打点の活躍などでシード校を圧倒した。

北陸
303 201 2…11
000 010 0…1
坂井

■北陸 印牧光希、江口寛太―杼木誠太朗
■坂井 大矢場廉弥、山下翔也―島田源大

⇒勝ち上がり表はこちら

 北陸は初回、岸本清也、水町達哉のヒットと死球で2死満塁とすると、杼木誠太朗が走者一掃の適時三塁打を放ち3点を先制。三回には四球の岸本を二塁へ送り、野選で1死一、三塁のチャンスを迎え、中野晴真の左前適時打で4-0。さらに続く杼木が左中間を破る適時二塁打で2点を加えた。四回にも桶谷楓、中野のタイムリーで2点追加。六回には水町の適時打で1点を加え9-1。七回にもこの日3本目の長打となる杼木の二塁打と古川葵斗の三塁打などで加点、2死一、三塁から重盗で11点目を奪い、坂井を突き放した。

 先発の印牧光希は得点圏にランナーを背負う回も多かったが、落ち着いたピッチングで坂井打線を7イニング1点に抑えた。

 坂井は五回、2死二塁から大矢場廉弥の中越え適時二塁打で1点を返したが、反撃が遅かった。

■秋季県大会全試合を打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サイト「fast」で秋の高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報する。プレー写真も更新し、携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを楽しめる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

 また「Web写真館」では熱戦の様子を掲載する。大量の写真を試合当日にアップ。球児たちの熱闘をとらえた写真の数々を閲覧できる。

⇒「Web写真館」はこちら
⇒あの選手も!福井県内高校出身のプロ野球選手

関連記事