第98回全国高校サッカー選手権福井県大会は9月23日、坂井市の丸岡スポーツランド人工芝グラウンドで2回戦7試合を行った。シード校の北陸、福井商業、藤島はいずれも勝ち、準々決勝へ進んだ。

⇒全国高校サッカー選手権福井県大会トーナメント表

 2年ぶりの頂点を目指す第2シード北陸は大野に4―0で快勝。前年準優勝の第3シード福井商業は武生東を15―0で圧倒した。前年4強の第4シード藤島は延長戦の末、福井高専を2―1で下した。

 福井工大福井は坂井を2―0で破り4年連続の8強入り。準々決勝で連覇を狙う第1シード丸岡と対戦する。敦賀は金津を延長戦の末3―2で破り、5年ぶりに準々決勝へ進んだ。若狭は敦賀気比を1―0で下し、高円宮杯U―18リーグ福井3部所属で唯一8強に残った。啓新は5―1で高志に勝利した。

 10月22日に丸岡スポーツランド人工芝グラウンドで準々決勝4試合を行い、丸岡が初戦を迎える。11月2日に坂井市三国運動公園陸上競技場で準決勝、11月10日に坂井市のテクノポート福井スタジアムで決勝を行う。優勝チームは12月30日に開幕する全国高校選手権大会の出場権を得る。

■準々決勝からテキスト速報

 福井新聞社は第98回全国高校サッカー選手権福井県大会の準々決勝以降の試合を、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サービス「fast」でテキスト速報します。閲覧には会員登録が必要です。

⇒「高校サッカーテキスト速報」詳しくはこちら

関連記事