秋季北信越地区高校野球福井県大会2回戦・美方―北陸 七回、北陸・岸本清也の適時打で生還した杼木誠太朗=9月23日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 秋の北信越地区高校野球福井県大会は9月23日、福井県内2会場で2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、北陸が美方を3―2で下し、準々決勝に進出した。

美方
000 000 011…2
000 100 11x…3
北陸

■美方 末友涼、坂口颯汰―宇野雄貴
■北陸 桶谷楓、印牧光希―杼木誠太朗

⇒勝ち上がり表はこちら

 北陸は四回、水町達哉と中野晴真の連打で1死一、三塁と攻め、杼木誠太朗の内野ゴロで先制した。七回には2死三塁から岸本清也の左前適時打で2点目。1点差に迫られた八回には中野の右越え適時三塁打で3点目を奪い、食らい付く美方を振り切った。

 先発した右腕桶谷楓が8回1失点と安定感を見せた。

 美方は2点を追う八回、1死一、三塁から山内慶亮の適時内野安打で1点を返した。再び2点差とされた九回、代打前川敦哉と村松和哉の連打で1死二、三塁とし、宇野雄貴の内野ゴロで1点差に詰め寄ったが、反撃はここまでだった。

 美方の先発の左腕末友涼は7回2失点と粘り強く投げた。

 ■秋季県大会全試合を打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サイト「fast」で秋の高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報する。プレー写真も更新し、携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを楽しめる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

 また「Web写真館」では熱戦の様子を掲載する。大量の写真を試合当日にアップ。球児たちの熱闘をとらえた写真の数々を閲覧できる。

⇒「Web写真館」はこちら
⇒あの選手も!福井県内高校出身のプロ野球選手

関連記事