台風17号(22日21時現在)

 台風17号は、福井県内には9月23日明け方から朝にかけて最接近する見込み。福井地方気象台は強風、高波、土砂災害や落雷、竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、23日朝から昼すぎにかけて海上で非常に強い風が吹く。同日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は、嶺北で陸上18メートル(30メートル)、海上22メートル(35メートル)、嶺南で陸上16メートル(30メートル)、海上20メートル(30メートル)。

 県内の雨は、奥越で雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨が降る予想。23日午後6時までの24時間降水量は、奥越で80ミリ、嶺北南部で50ミリを見込み、同気象台は土砂災害への注意を呼び掛けている。波は海上でうねりを伴って高くなり、嶺北ではしける見込み。

 23日はフェーン現象で高温となる見込みで、予想最高気温は福井市で32度、敦賀市で31度。

 台風接近に伴い、JR西日本金沢支社は23日午前中まで、北陸線や小浜線で列車に遅れや運休が発生する可能性があるとしている。越前市武生中央公園で予定されていた「だるまちゃん広場であそぼ」は中止となった。

関連記事