21日、米アイオワ州デモインの集会で演説するバイデン前副大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】来年の米大統領選に向けた野党民主党有力候補のバイデン前副大統領は21日、自身の息子とウクライナ企業の関係を調べるようトランプ大統領がウクライナ大統領に圧力をかけた疑惑について「権力の乱用」と非難し、下院で調査するよう要求した。米メディアが伝えた。ロシア疑惑に続く新たな疑惑として注目されている。

 これに対しトランプ氏はツイッターで「民主党とフェイク(偽)メディアは全ての魔女狩りに失敗してきたが、また始めようとしている。ウクライナ魔女狩りだ」と反論した。

関連記事