女子59キロ級 ジャークで126キロに成功した安藤美希子=パタヤ(共同)

 【パタヤ(タイ)共同】重量挙げの世界選手権第4日は21日、タイのパタヤで行われ、女子59キロ級の安藤美希子(FAコンサルティング)はスナッチ96キロ、ジャーク126キロのトータル222キロで、5位だった。

 男子73キロ級は宮本昌典(東京国際大職)がスナッチ145キロ、ジャーク183キロのトータル328キロで、12位だった。五百蔵正和(小波津整骨院)はトータル305キロで23位に終わった。

関連記事