台風17号の予想進路(9月22日0時現在)

 大型で強い台風17号は沖縄から東シナ海を北上し、9月22日には九州に接近して対馬海峡付近から日本海へ進む見通し。気象庁は西日本を中心に暴風や高波、高潮、大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 福井地方気象台によると、福井県には23日朝から昼前にかけて最接近する見込み。22日夜のはじめごろから南寄りの風が強くなり、23日にかけてさらに強くなる。22日夜遅くの最大風速(最大瞬間風速)は陸上15メートル(30メートル)、海上16メートル(30メートル)の予想。台風の進路によっては風速20メートル以上の非常に強い風になる可能性がある。

 県内の雨は山沿いを中心に多い見込み。23日は嶺北で1時間30ミリ以上の激しい雨の可能性があるとし、土砂災害への注意を呼び掛けている。波は23~24日にうねりを伴い高くなり、嶺北ではしける見込み。

 23日はフェーン現象で高温となる。福井市の予想最高気温は32度。

 同気象台は「ホームページで台風の経路や気象情報をこまめにチェックし備えてほしい」と呼び掛けている。

 台風接近に伴い、22日に福井県の永平寺町道の駅「禅の里」で予定されていた食のイベント「うまいもん祭」は中止となった。越前町生涯学習センター糸生分館で開催予定だった「いとうエコ・キャンドル2019」のライトアップも中止となったが、館内でのステージイベントなどは開催する。

関連記事