大破した軽乗用車=9月21日、福井県あわら市蓮ケ浦(ナンバープレートを加工しています)

 9月21日午前11時15分ごろ、福井県あわら市蓮ケ浦の県道で、同県坂井市、会社員の男性(22)のトラックと石川県加賀市、職業不詳の男性(54)の軽乗用車が正面衝突した。軽乗用車の男性は頭を強く打ち、1時間15分後に搬送先の病院で死亡が確認された。助手席の母親(79)は胸の骨を折るなどの重傷、後部座席の父親(82)は内臓損傷とみられる重傷。トラックの男性にけがはなかった。

 福井県警あわら署によると、現場は片側1車線の見通しのよい直線道路。トラックがセンターラインを越えて対向車線にはみ出したとみて、詳しい原因を調べている。トラックは砂利を運搬していた。

関連記事