全国高校サッカー選手権福井県大会1回戦で激しく競り合う藤島と武生の選手=9月21日、福井県あわら市の金津高校

 全国高校サッカー選手権福井県大会は9月21日、坂井市の丸岡スポーツランド人工芝グラウンドなどで開幕し、1回戦14試合を行った。シード校の北陸、福井商業、藤島が順当に勝利し2回戦へ進んだ。

⇒全国高校サッカー選手権福井県大会トーナメント表

 2年ぶりの優勝を目指す第2シード北陸は鯖江に対し26―0で大勝。前回準優勝の第3シード福井商業も足羽に11―0と危なげなかった。第4シード藤島は後半に2点を挙げ武生を振り切った。

 高円宮杯U―18リーグ福井の1部勢は金津、福井工大福井、大野が勝利し、武生工業が姿を消した。2部勢は啓新など全5校が初戦を突破。3年ぶりに大会に挑んだ美方は敗れた。

 9月23日に2回戦7試合を行い8強が出そろう。前年覇者の第1シード丸岡は準々決勝から登場する。

 10月22日に準々決勝、11月2日に準決勝を行う。決勝は11月10日、坂井市のテクノポート福井スタジアムで争われる。優勝チームは12月30日に開幕する全国高校選手権大会の出場権を得る。

▽1回戦の結果

坂井14―0丹生、福井工大福井8―0福井農林、金津3―0奥越明成、敦賀6―1勝山、福井高専2―1科学技術、藤島2―0武生、福井商業11―0足羽、武生東0―0(PK5―4)三国、若狭3―0武生商業、敦賀気比5―0武生工業、啓新2―1羽水、高志5―0敦賀工業、大野21―0美方、北陸26―0鯖江

■準々決勝からテキスト速報

 福井新聞社は第98回全国高校サッカー選手権福井県大会の準々決勝以降の試合を、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サービス「fast」でテキスト速報します。閲覧には会員登録が必要です。

⇒「高校サッカーテキスト速報」詳しくはこちら

関連記事