卓球のアジア選手権準々決勝で韓国選手と対戦する張本智和=20日、ジョクジャカルタ(ゲッティ=共同)

 卓球のアジア選手権は20日、インドネシアのジョクジャカルタで行われ、男子シングルスで張本智和(木下グループ)が準々決勝で韓国選手を3―0で下し、準決勝に進んだ。男子ダブルスは吉村真晴(名古屋ダイハツ)戸上隼輔(山口・野田学園高)組も4強入り。

 女子シングルスの準々決勝で平野美宇(日本生命)と石川佳純(全農)は、ともに中国勢に敗れた。女子ダブルスは平野と石川のペアと、芝田沙季、佐藤瞳(ミキハウス)組が準決勝に進出した。(共同)

関連記事