進藤遼佑君の遺体が見つかった自宅のある集合住宅=18日午前、さいたま市見沼区

 さいたま市見沼区の集合住宅敷地内で住人の小学4年進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった事件で、発見現場の周辺では襲撃される様子などの目撃情報がなく、別の場所で殺害されて運ばれた可能性が高いことが18日、捜査関係者への取材で分かった。埼玉県警は殺人事件と断定し、大宮東署に特別捜査班を設置した。

 捜査関係者によると、進藤君一家の居室がある2階の階段付近に水道や電気のメーターを収納する「メーターボックス」と呼ばれるスペースがあり、進藤君はその中で座ったような状態で見つかった。首に絞められた痕があり、着衣に乱れはないが、靴を履いていなかった。

関連記事