台風15号の強風で壁が崩れた千葉県南房総市立富浦中の体育館=13日

 台風15号の影響で、千葉県の小中高を含む全公立学校の4割に当たる548校が、校舎の損壊などの被害を受けたことが18日、県や千葉市のまとめで分かった。県内は同日午前8時時点で約4万9千戸が停電。ほとんどの地域で授業は再開したものの、修理に半年かかる学校も出ている。

 9日未明に最大瞬間風速57・5mを観測した千葉市は、7割を超える130校が被災。美浜区の稲浜小では縦20m、横37mにわたり体育館の屋根が強風で剥がされた。

 児童が立ち入らないように周囲にロープを張り、翌10日に授業を再開したが、修理には追加の予算措置が必要になり、半年ほどかかると見込まれる。

関連記事