海保の航空機が発見した「第65慶栄丸」と見られる転覆船=17日午後、北海道根室市の納沙布岬沖東約640キロ付近(第1管区海上保安本部提供)

 17日午前11時半ごろ、北海道大樹町の大樹漁協所属のサンマ棒受け網漁船「第65慶栄丸」=29トン、敬礼寿広船長(52)ら8人乗り組み=が根室市の納沙布岬沖東約640キロ付近で横波を受けて連絡が途絶えたと、関係漁協から根室海上保安部に通報があった。第3管区海上保安本部(横浜)の航空機が約3時間後、同海域で転覆している船を発見した。慶栄丸とみられ、午後5時ごろまで捜索したが乗組員の姿は確認できなかった。海保は捜索と救助を急ぐ。

 大樹漁協によると、慶栄丸は最近のサンマの記録的不漁を受け、魚群を求めて例年よりも倍以上遠い漁場まで出て操業していた。

関連記事