ソロモン諸島の断交を受け、記者会見する台湾の蔡英文総統=16日、台北(中央通信社=共同)

 【台北、シドニー共同】台湾の呉ショウショウ外交部長(外相)は16日、台北で記者会見し、南太平洋のソロモン諸島と断交したと発表した。ソロモン諸島が同日、中国と外交関係を結ぶことを決めたのを受けた措置。台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文政権が2016年5月に発足して以降、台湾と断交したのは6カ国目。

 台湾と外交関係がある国は16カ国と過去最少となった。中国は「一つの中国」原則を認めない蔡政権への圧力の一環として、国際社会で台湾を孤立させる戦略を強化してきた。

関連記事