映画『蜜蜂と遠雷』完成披露イベントに登壇した松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の松坂桃李(30)と女優の松岡茉優(24)が16日、都内で行われた映画『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)の完成披露イベントに登壇。本作で、ほぼ初めてピアノに触れたという松坂の練習姿を見た松岡は「(ディズニー映画キャラクターの)バンビみたいでした」と例え、会場の笑いを誘っていた。

【動画】松坂桃李、事務所とトラブル?松岡茉優が本気で心配

 松坂は「先生に『ドはどこですか?』と聞かれてここかな~とやったんですけど、『それはファですね』と言われて。そんなところからのスタートでした」と大変だったレッスンを回想。松坂を“バンビ”と例えた松岡は「立ち上がる子鹿のようでした」とその姿を見た感想を正直に答えていた。

 しかし、練習を重ねた結果弾けるようになり、松坂は「本当に先生がマンツーマンで熱意を込めて指導してくださったおかげで、なんとか撮り切ることができました」と笑顔。松坂の姿勢に松岡も「あのときのバンビはなんだったんだと。俳優はすごいなあと思いました」と感嘆。これには松坂も「どこに行っちゃったんですかね? だましだましやっております」と答え、集まったファンからは笑いが起こっていた。

 さらに、映画のテーマにあわせ戦っていることを聞かれた松坂は「もう終わったんですけど、事務所と戦っていました」と答えると、共演陣は「大丈夫ですか?」と不安顔。続けて、松坂は「お仕事を初めて10年がたちまして、アウトプットの連続だったんです。それで事務所サイドとお話をして『どうにかできるもんではござろうか?』と『ちょっと休みたいな~』と言った結果、お許しが出ました」と笑顔で理由を説明。理由に安心した顔を見せた松岡は「アフリカでもブラジルでも行ってらっしゃい!」と言葉を送っていた。

 この日は、森崎ウィン(29)、鈴鹿央士(19)、石川慶監督(42)も登壇した。

 物語は「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスがあり、注目を浴びている芳ケ江国際ピアノコンクールが舞台。天才たちが集結する予選会に挑む4人のピアニスト。かつて天才少女とうたわれるも母を亡くしたことがきっかけで音楽の世界から離れたが、再起をかけて舞台に戻ってきた栄伝亜夜(松岡)。妻子を持ち、社会人として働くも夢を諦めきれず、最後のチャンスとしてコンクールに挑む明石(松坂)。人気・実力を兼ね揃え、優勝候補筆頭のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎)。亡き天才ピアニストが遺した謎の少年・風間塵(鈴鹿)たちが熱い戦いを経て、互いに刺激し合い、葛藤や成長の果てに覚醒していく4人の姿が描かれる。

関連記事