秋季北信越地区高校野球福井県大会1回戦・武生-丹南 七回コールド勝ちを収め、笑顔を見せる武生ナイン=9月15日、福井県福井市の福井県営球場

 秋の北信越地区高校野球福井県大会1回戦は9月15日、福井県内2会場で1回戦計5試合を実施した。福井県営球場第3試合は武生が12-5で丹南に七回コールド勝ちを収め、2回戦に進出した。
 ⇒熱戦を充実の写真で振り返る「Web写真館」はこちら

丹南
230 000 0…5
202 520 1✕…12
武生

■丹南 高橋英之、加藤和暉、坂下雅憲−坂下雅憲、中嶋秀人
■武生 旭乙瑠、畑力紀斗−内藤也真人

⇨組み合わせはこちら

 武生は3点差を追う三回、内藤也真人、宇野陸登の連打などで1死二、三塁とし旭乙瑠の適時二塁打で1点差に詰め寄った。四回には樋口雄大、内藤のヒットと敵失絡みで無死満塁と攻めると、宇野が右翼線へ走者一掃の三塁打。7-5と試合をひっくり返した。さらに相手守備のミスに乗じて2点を加え、この回一挙5点を挙げた。五回に佐々木善太郎の適時二塁打で2点を加え、11-5で迎えた七回、1死二塁から2暴投で三走が生還し勝負を決めた。

 投げては三回から登板した畑力紀斗が丹南打線を零封。安定したピッチングで試合の流れを引き寄せた。

 丹南は初回、四球と坂下雅憲の中前打などで2死二、三塁とし、石田龍士の内野ゴロが敵失を誘い2点を先制。二回には1死三塁から中嶋秀人の適時打で追加点を挙げ、さらに1死二、三塁から加藤和暉の適時打で5-2としたが、以降は打線が沈黙した。

 ■秋季県大会全試合を打席速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」の速報サイト「fast」で秋の高校野球福井県大会の全試合を打席ごとに速報する。プレー写真も更新し、携帯電話やパソコン、スマートフォンで試合の流れを楽しめる。

⇒全打席速報はこちら

 ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

⇒イニング速報はこちら

 また「Web写真館」では熱戦の様子を掲載する。大量の写真を試合当日にアップ。球児たちの熱闘をとらえた写真の数々を閲覧できる。

⇒あの選手も!福井県内高校出身のプロ野球選手

関連記事