『シャーロック』でレギュラー出演する山田真歩(C)フジテレビ

 女優の山田真歩が10月7日よりスタートするフジテレビ系“月9”ドラマ『シャーロック』にレギュラー出演することがわかった。同ドラマは世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にした今回、原作の“グレグスン警部”にあたる小暮クミコ(こぐれ・くみこ)役に起用された。先日最終回を迎えた日本テレビ系連ドラ『あなたの番です-反撃編-』で木下あかね役を演じた山田が再び個性的な役柄に挑む。なお、月9ドラマには初出演となる。

【写真】主人公として出演するディーン・フジオカ

 名探偵・シャーロックと医師・ワトソンが難事件を解決していく古典ミステリーの傑作を、アーサー・コナン・ドイルが生んだ原作の魅力をそのままに、令和の東京を舞台に映像化。“シャーロック・ホームズ”にあたる誉獅子雄(ほまれ・ししお)役にはディーン・フジオカが、“ジョン・ワトソン”にあたる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)役には岩田剛典が、“レストレード警部”役にあたる江藤礼二(えとう・れいじ)警部役には佐々木蔵之介が決定している。

 小暮クミコは警視庁捜査一課の巡査。お調子者の上司、江藤警部をうさんくさく感じながらも、江藤が唱える“迷”推理に鋭いツッコミを入れ、うまいこと方向転換しながら解決へ導く冷静沈着で優秀なキャラクター。事件現場に突如として現れる獅子雄のことは、気に食わない邪魔な存在として見ているが、楽しそうに捜査する獅子雄、若宮の“顔面最強”バディに対し、次第に興味を持つようになっていく。男性の登場人物が多い今作を紅一点として彩る。

 山田は「小学生の頃、学校の図書館に全巻そろっていた『シャーロック・ホームズ』を時間も忘れて夢中で読んだのを覚えています。今回、その世界的人気ミステリーの日本版ドラマ『シャーロック』に、登場人物として参加できるなんてとても光栄です」と感激。「女性警官クミコを演じながらこの世界を存分に楽しみたいと思います。スタッフもキャストも気合いの入った素晴らしい方ばかり。『毎週月曜の夜が待ち遠しい』と思っていただける、そんなドラマを皆で力を合わせて作っていきたいと思っています」と意気込んでいる。

関連記事