横畠裕介・内閣法制局長官

 安倍晋三首相は11日に実施する内閣改造に合わせ、横畠裕介内閣法制局長官(67)を退任させる方向で調整に入った。在任期間が5年を超えたことに加え、皇位継承や改元を終えて10月に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」の概要も固まったため、交代させるのに適当な時機だと判断した。後任に近藤正春内閣法制次長(63)を昇格させる方向だ。政府関係者が8日、明らかにした。

 横畠氏は検事出身。2014年5月、前任の故小松一郎氏の体調不良に伴い就任した。国会答弁などで集団的自衛権行使を容認する政府の憲法解釈変更を支えた。

関連記事