一時閉店し、新型店に向けて改装するアピタ福井店=9月6日、福井県福井市飯塚町

 福井県福井市飯塚町のアピタ福井店は9月9日から一時閉店する。新型店「MEGAドン・キホーテUNY福井店」(仮称)への業態転換に向けた改装に入り12月上旬にリニューアルオープンする。果物・スイーツ店や旅行代理店など8店舗は、期間は異なるが、9日以降も営業を継続する。

 ディスカウント店「ドン・キホーテ」を展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(HD)=東京=は、子会社ユニーが展開するアピタやピアゴの業態転換を全国で進めている。新型店は衣料品、日用雑貨、家電製品に加え、ユニーの強みである生鮮食品を取り扱う。商品を所狭しと並べる圧縮陳列など“ドンキ流”を取り入れている。

 アピタ福井店は1996年にオープン。現在28の専門店が営業しており、一時閉店に向けたセールを展開している。8日は午後6時に閉店する。同店の担当者は新型店について「お客さまのご期待に沿えられるような店にしたい」と話した。リニューアルオープン日に関しては「まだ公表できる段階ではない」としている。

関連記事