五木ひろしさんの歌手生活55周年を記念した「感謝の響宴」=9月5日、東京都港区のホテル

 福井県美浜町出身の歌手、五木ひろしさんの歌手生活55周年を記念した「感謝の響宴」が9月5日、東京都港区のホテルで開かれた。音楽業界、政財界、メディア関係者ら約500人が集い、五木さんの歩みを振り返り節目を祝った。

 ⇒小泉元首相らに祝福される五木さん(写真)

 森喜朗、小泉純一郎両元首相、歌手の北島三郎さんら約30人が発起人となり企画した。福井県内からは戸嶋秀樹美浜町長らが出席した。

 五木さんは歌手デビューのきっかけになった「初恋ながし」を歌いながら登場。あいさつで「たかが歌、私にとってはされど歌。歌一筋にかけてきた55年であります」と振り返った。

 発起人の森氏が「皆さんと一緒に祝い、応援しようじゃありませんか」と会場に呼び掛け、小泉氏は「これからもゴー(5)ゴー(5)で」とエールを送った。五木さんは「よこはま・たそがれ」などヒット曲をメドレーで披露。大きな拍手が起きた。

 五木さんは1964年に「コロムビア全国歌謡コンクール」で優勝しデビューした。

関連記事