福井県小浜市が復元を計画している三井家御殿=1990年代前半、当時移築されていた東京都で撮影

 2001年に解体された状態で寄贈を受け、活用策が決まっていなかった旧財閥・三井家御殿について福井県小浜市は、同市鹿島の旧小浜第二保育園の園庭跡地に復元する方針を明らかにした。時期は未定。費用は約8千万円とされ、財源確保が大きな課題。本年度中に策定する文化財保存活用地域計画に方針を盛り込み、復元に向け国の補助を得たい考え。寄贈から18年をへて、具体的な活用へ一歩踏み出す。

 御殿は、江戸時代末期に京都御所内に建てられた平屋。10畳と7・5畳の計2部屋があり、拝領した三井家が迎賓館として活用。三井家が小浜藩の両替商だったなどの縁で、調度品とともに市に寄贈された。

 御殿の解体部材は、同市堅海の旧堅海小で2003年から保管。市歴史的建造物復元構想委員会が12年に調査報告書をまとめ、国登録有形文化財としての価値があり、まちづくりに寄与すると提言していた。

 市は、旧小浜第二保育園跡地をまち歩きの中継点として位置づけ、風情ある町並みの「小浜西組」や、国史跡の後瀬山城跡の紹介施設として同園建物の活用を検討。市幹部らが参加した5月の政策会議で、紹介施設の付帯施設として園庭跡に御殿を復元する方針をまとめた。老朽化により旧堅海小を本年度中に取り壊すため、同園跡地への移転費用334万円を、市一般会計9月補正予算案に計上した。

 8月30日に開かれた市会産業教育常任委員会では、「復元するつもりがあるのか」「しっかりした計画を立ててから移転すべきだ」「市民の合意が得られるのか」などと委員から質問や厳しい意見が相次いだ。そこで9月3日に再び同常任委を開き、改めて市側の方針をただした。

 市側は「復元の暁には民間活力の参入も推進し、文化財でカフェ、宿泊という活用方法も検討する価値は大いにあると考えている」と理解を求めた。別の復元候補地として同市男山の旧小浜小跡地も挙がっているとした。委員からは「西組に見合うものになるのか」「(北陸新幹線駅が整備され)京都の窓口になる遠敷辺りに整備する考えもある」などと指摘があった。

 4月1日に施行された改正文化財保護法では、各自治体が策定する文化財の保存活用地域計画を国が認定することで、自治体の判断で文化財の軽い現状変更などができるようになる。市は昨年度から策定に着手し、本年度末にまとめる見込み。これに三井家御殿復元について盛り込むことで、国の補助を受けやすくなるという。

関連記事