福井米アンバサダーに就任したデヴィ夫人(左から2人目)=9月2日、大阪府大阪市の大阪天満宮

 福井米の魅力を広く発信しようとJA福井県経済連は9月2日、大阪府大阪市北区の大阪天満宮で2019年度産の新米キャンペーンをスタートさせた。昨年に続きタレントのデヴィ夫人がアンバサダー(PR大使)に就任し、キャンペーンの成功を祈った。

 JA福井県5連の田波俊明会長が「今年も非常に品質が良くなった。JAグループ一丸となって消費拡大に努めたい」とあいさつ。デヴィ夫人に委嘱状を手渡した。デヴィ夫人は「昨日も福井米を食べた。ライバルは多いが、福井米がおいしいことをもっと広めたい」と意気込みを話した。天神橋筋商店街でキャンペーンの出発式を行い、来場者に新米おにぎりを振る舞った。

 今年の新米キャンペーンは「福井米でご満悦キャンペーン2」と銘打ち、11月30日までの3カ月間、県内外の量販店でPR活動を行う。福井米の購入者に抽選で現金や若狭牛などをプレゼントする。

関連記事