神棒を持ち、見物客の女性を追い回す黒天狗=9月1日、福井県美浜町新庄

 子孫繁栄や五穀豊穣を願う福井県美浜町新庄の奇祭「八朔祭」が9月1日、区内で行われた。男性のシンボルを模した神棒を持った天狗が大暴れ。神棒でつつかれると子宝に恵まれるとされ、見物客の女性らをつつき回った。

 数百年前から伝わる伝統行事。区内の東西で午前と午後に分かれて行われ、ともに「樽神輿(たるみこし)」などを担いだ行列が日吉神社に向かって練り歩き、奉納する。

 「東字(ひがしあざ)」では午前10時、旧寄積公会堂前に集まった男衆が太鼓や笛のおはやしを奏で始め、のぼりやお神酒の入った樽神輿を担ぐ行列が出発した。

 行列の露払い役として、天狗の面を着けた黒い装束姿の「黒天狗」が登場。黒天狗は長さ約50センチの神棒を袖に隠し持ち、女性を見つけると全速力で追いかけ回した。悲鳴を上げながら一目散に逃げる女性もいた。

 行列には今年の時事ネタにちなんだ「おどけ」も現れ、結婚発表した小泉進次郎衆院議員と滝川クリステルさんの仮装などが見物客の笑いを誘っていた。

 祭りを仕切った役中代表の男性(56)は「年に1度の新庄挙げての祭り。過疎化が進む集落なので、子孫繁栄を願う」と話していた。

関連記事
イチオシ