9月1日から販売される「三年子黒らっきょ」=福井県坂井市の道の駅「みくに」

 福井県坂井市の道の駅「みくに」は、三里浜特産のラッキョウを使った新商品「三年子黒らっきょ」を開発した。真っ黒な見た目とフルーティーな香り、味が特徴。9月1日から販売開始。

 坂井市三国町と福井市にまたがる三里浜一帯で生産された、2度冬を越す「三年子」を使用。高い栄養価で人気の「黒にんにく」にヒントを得て、低温でじっくり1カ月間かけて熟成したため、抗酸化作用があるとされるポリフェノールを多く含んでいる。

 150グラム入りで税込み1080円。限定500個を販売する。問い合わせは道の駅「みくに」=電話0776(82)3339。

関連記事