曙ブレーキ工業の社長に就任する宮地康弘氏

 経営再建中の自動車部品メーカーの曙ブレーキ工業は26日、信元久隆会長兼社長(70)ら代表権を持つ取締役3人が退任すると発表した。業績悪化に対する経営責任を明確にする。後任の社長には日本電産で常務執行役員を務めた宮地康弘氏(62)が就任する。交代日は未定だが、9月末になる見込み。

 ほかに退任するのは、荻野好正副社長と松本和夫副社長。代わりに、トヨタ自動車出身で曙ブレーキの執行役員を務める栗波孝昌氏が副社長に昇格。曙ブレーキに200億円を出資する予定の企業再生ファンド「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ」の広本裕一社長も社外取締役に就く。

関連記事