22日、オランダ・ハーグで記者会見するドイツのメルケル首相(ロイター=共同)

 【ベルリン、ブリュッセル共同】ドイツのメルケル首相は22日、オランダ・ハーグで記者会見し、英国の欧州連合(EU)離脱日である10月末までに、懸案のアイルランド国境問題が解決することに期待を示した。21日に同問題解決に向けた案を「30日」以内に示すよう英国に求めたと伝えられたが、これを否定。真意は問題の早期解決の必要性だったと訴えた。

 メルケル氏は21日、ベルリンでジョンソン英首相と記者会見し「今後30日間で(同問題の)解決策を見いだせるかもしれない」と指摘。一斉に報じられた。ただ22日には、あくまで象徴的な期間として「30日」を引き合いに出したと説明。

関連記事