バングラデシュ南東部コックスバザールのロヒンギャ難民キャンプ=22日(共同)

 【コックスバザール、ヤンゴン共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャが隣国バングラデシュで難民生活を送っている問題で、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の関係者は22日、ミャンマーへの帰還について、22日は希望者がなく、実現しなかったと明らかにした。

 バングラデシュ当局者も、南東部コックスバザールの難民キャンプで、ロヒンギャから「前向きな回答を得ていない」と記者団に説明した。

 両国政府は22日、帰還に向けた準備を完了。ミャンマー西部ラカイン州に一部が戻る予定だったが、ロヒンギャ側は安全が確保されていないと懸念し、拒否したという。

関連記事