Suchmos『Suchmos THE LIVE YOKOHAMA』

 意外なことに、初のライヴ映像作品だそうだ。神奈川県出身であるSuchmosが、彼らのホームともいうべき横浜アリーナで開催した即日ソールドアウトのワンマンライブ。2018年11月24、25日、じつに2万5千人を動員した2日間のほぼ全曲を120分に収録している。

 巨大な横浜アリーナのステージに、光を背負って立つヴォーカルのYONCE。2013年に結成されたとは思えない、貫禄すら感じるその姿に、大成功であり大激動だったであろうこれまでの日々を思わずにいられない。しかし、そんな画面のこちら側の緊張感は何処吹く風で、過度にあおらず、内省的になりすぎもしない彼らの「ちょうどいい温度」のパフォーマンスを受け取ることができて、すぐにリラックスしてしまった。

 大ヒット曲ばかり耳に残ってしまうが、セットリストを見ればこれまでのアルバムからかなりバランスよく配分されているのは、横浜という場所で記念碑的なライヴをという思いがあったのだろうか。なんだかじわじわくる魅力、だけに何度も観たくなる作品だ

(ソニーミュージック・4500円+税)=玉木美企子

関連記事