甘酸っぱい香りが広がる加工場で、次々と作られる「すこ」=8月21日、福井県大野市稲郷の上庄農産加工

 サトイモの一種「八ツ頭(やつがしら)」の芋茎(ずいき)を酢漬けにした福井県大野市特産の「すこ」作りが、同市の食品製造会社で最盛期を迎え、加工場に甘酸っぱい香りが広がっている。

⇒「すこサイダー」ツイッターで話題

 同市稲郷の食品製造会社、上庄農産加工は8月上旬から製造を開始した。21日も従業員が、主に上庄地区で収穫された長さ1メートルほどの芋茎の汚れやすじを手際よく取り除いて水洗いし、機械で約5センチにカット。脱水、から煎(い)りして砂糖と酢で味付けしていった。1週間ほどじっくり味を染みこませると、艶やかで深い赤色になる。

 9月中旬までに約4トン製造し、県内のスーパーを中心に出荷する予定。「今年は雨量と気温のあんばいが良く、茎が太くて赤みが濃い」と上田瑠衣取締役(33)。「シャキシャキとした食感で酸味が強い。夏バテ後の食欲増進にもってこい」と話していた。

関連記事