6月に大阪市で開かれた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、煙玉のようなものを使い、警察官の業務を妨害したとして、大阪府警は20日、業務妨害の疑いで、大阪府警元巡査部長の40代の男を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 逮捕容疑は6月、大阪市住之江区のサミット主会場近くで、煙玉のようなものを使って警察官の業務を妨害した疑い。

 男は当時、現場から逃走しており、府警が防犯カメラの映像を解析するなどして行方を追っていた。

関連記事