富山-福井 9失点し、5回途中で降板する福井の先発三染真利(左)。右は2番手仲里翔貴=8月18日、富山県の高岡西部

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月18日、富山県の高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと戦い、4-13で敗れ5連敗となった。通算成績は8勝18敗で最下位。次戦は21日、長野県のしんきん諏訪湖スタジアムで信濃グランセローズと戦う。

福井
000 201 010…4
104 052 10×…13
富山

 【評】福井は投手陣が15被安打13失点の大乱調。打線は4得点に沈み、大敗した。

 先発三染真利は一回、二塁打などで1死三塁とされ、遊ゴロで先制された。三回には3ランなどで4失点。五回に4本の長打を浴び5失点と、試合をつくれなかった。六回には継投の仲里翔貴が2失点。七回は松永忠が失点し、富山打線を止められなかった。

 打線は四回に荒道好貴、坂本竜三郎の連続適時打で2点を挙げ、六回には坂本の左犠飛で1点を返した。八回には2四球と須藤優太の左前打で無死満塁としたが、押し出し四球の1点のみに終わった。

関連記事