福井―新潟 4回のピンチにマウンドに集まる福井ナイン=8月17日、福井県福井市の福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月17日、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで新潟アルビレックスBCと戦い、0―4で敗れ4連敗となった。通算成績は8勝17敗で最下位。新潟の先発長谷川凌汰(福井商業高校出身)は10奪三振で完封し、今季8勝目を挙げた。次戦は18日、富山県の高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと戦う。

新潟
012 010 000…4
000 000 000…0
福井

 【評】福井は8安打を放ったが再三のチャンスを生かせず零敗した。

 先発の浜田俊之は二回にソロで先制点を献上。三回には適時三塁打と犠飛で2点を失うと、五回にも三塁打から失点。6回4失点と精彩を欠いた。

 一方の打線は二回、2四球で2死一、二塁とするも山根弘太郎が凡退。四回には荒道好貴、大松尚逸の連打で無死一、三塁とするも石井建斗の一直で併殺に倒れた。六回にも荒道の二塁打と石井の内野安打で1死一、三塁としたが寺田祐貴が遊ゴロ併殺と、好機で1本が出なかった。

 七回からは楊鑄真、原田宥希、高橋康二と無失点でしのいだが、打線が最後まで新潟先発の長谷川凌汰を打ち崩せなかった。

関連記事