信濃―福井 1回福井無死一、二塁、荒道好貴が中前に先制の適時打を放つ=8月16日、長野県営上田野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは8月16日、長野県営上田野球場(上田市)で信濃グランセローズと戦い、4―5で敗れた。通算成績は8勝16敗となり、後期優勝がなくなった。残り試合を首位信濃グランセローズが全敗し、福井が全勝しても勝率で上回れないため、2位以下が確定した。次戦は17日午後6時から、福井県福井市の福井フェニックススタジアムで東地区の新潟アルビレックスBCと戦う。

福井
200 110 000…4
102 002 00x…5
信濃

 【評】福井はシーソーゲームの末に1点差で惜敗。前期に続き、後期の優勝もなくなった。

 打線は一回、澤端侑、工藤祐二朗、荒道好貴、清田亮一の4連打で2点を先制。2―3と逆転されたが四回に坂本竜三郎の適時打で同点、五回に工藤のソロで勝ち越した。しかし、六回に再び逆転を許すと、六~八回は無安打と沈黙。九回に寺田祐貴の安打と死球などで2死一、三塁としたがあと1本が出なかった。

 先発小澤将伍は六回途中を投げ5失点。4―3の六回、ソロと三塁打などで2点を失い、逆転された。継投した楊鑄真、原田宥希は無失点と好投したが、味方の反撃はなかった。

関連記事