活動5周年を記念し、それぞれの「夢」だったスタイルでライブを行うまおさん(左)とゆーたんさん

 「スナックゆーたん」に「ユンボ(油圧ショベル)でぶっ壊しライブ」―。福井のご当地アイドル「せのしすたぁ」の2人が8月24、25日、福井県坂井市とあわら市で活動5周年を記念し、斬新な演出を盛り込んだライブを開く。活動を始めた頃からの夢をかなえるプロジェクトで、2人は「感謝を込めて、応援してくれるファンに、いつも以上に楽しい時間を届けたい」と意気込んでいる。

 せのしすたぁは坂井市のアミを拠点に活動する「アミ~ガス」から派生した、まおさん(24)とゆーたんさん(25)の2人組ユニット。激しい言葉で観客をあおるマイクパフォーマンスが特徴で、結成直後からアイドル激戦区の東京や大阪で地道にライブを重ね、今では200人規模の会場を満員にする人気ぶりだ。

 5周年を迎え、これまでに発表した曲など17曲を収録したベストアルバムを発売することとなり、併せて地元福井でライブを企画した。

 「客としてスナックに行ったとき、いつかカウンターに立ってみたいと思った」というゆーたんさんは、24日午後5時から坂井市丸岡町石城戸1丁目の「ぽんた」を借り、「スナックゆーたん」をオープン。「1日限定ママ」としてカウンターに立ちながら、まおさんとともに歌や踊りを披露する。「間近にいるファンとの会話も楽しみたい」と話す。

 自身が尊敬するバンドのパフォーマンスに影響を受け、「私もやりたい!」と長年、湧き上がる思いを温めてきたまおさんは、あわら市菅野の工事現場を舞台に設定。同市の角谷木材建設の協力の下、25日午後3時半から解体作業を行う油圧ショベルの隣で、ゆーたんさんとマイクを握る。「どこにも負けないアイドルへと成長させてくれたファンへ、私たちらしいスタイルで恩返ししたい」と笑顔を見せていた。

 24日はベストアルバムを前売り予約した人の中から抽選で参加者を選出。25日は観覧無料で、ライブ終了後にはベストアルバムの販売会を行う。

関連記事