第101回全国高校野球選手権大会1回戦で完投した敦賀気比の笠島尚樹=甲子園

 全国高校野球選手権大会の福井県代表・敦賀気比は、5年ぶりの8強入りを懸け8月17日、第3試合(午後1時開始予定)で仙台育英(宮城)と3回戦を行う。2回戦を19-3で大勝した敦賀気比と2試合連続二桁安打の仙台育英の強力打線同士の戦い。敦賀気比・東哲平監督と仙台育英・須江航監督に相手チームの印象や意気込みなどを聞いた。

 -2回戦を振り返って。

 東 打者が活躍するという展開を期待していた。打撃で勝負できるという自信はついた。

 須江 相手の打線は想像以上に上位から下位まで力強かったが、よく勝ちきった。

 -チームの状態は。

 東 変わりなく練習できている。チームが乗ってきている状態でどれだけ力が出せるか。

 須江 ハードな練習の中で、調整でなくレベルアップしている。できることが増えてきている。

 -相手の印象は。

 東 投手が多く、安定している。1番打者の中里君を乗せないようにしたい。

 須江 甲子園に来て強くなっているチーム。打撃が好調で総合力も高い。

 -自チームの鍵を握る選手は。

 東 まずは投手がしっかり粘り強く投げること。

 須江 言うまでもなく、(鈴木千、笹倉、大栄、伊藤の)4人の投手陣。継投がポイントになる。

 -理想の試合展開は。

 東 投手が疲れてくる時期なので打者に頑張ってもらいたい。

 須江 (1イニングで5失点した)2回戦のようなビッグイニングを作らせないようにしたい。

 -意気込みを。

 東 原点に立ち返って粘り強く戦い、勝ちきりたい。

 須江 なんとか競って、総合力で勝負したい。

■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権大会福井代表の敦賀気比の試合を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で打席ごとに速報します。無料のホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒イニング速報はこちら

⇒あの選手も!福井県内高校出身のプロ野球選手

 

関連記事