台風10号に伴う全国各地の1時間予想最大雨量と予想最大風速=8月15日午前6時現在(気象庁の資料から作成)

 大型の台風10号は四国から中国地方に上陸後、8月15日夜には山陰沖に進んで西日本を縦断する。気象庁によると、福井県を含む北陸地方の16日午前6時までの24時間予想雨量は250ミリ。西日本から東日本の太平洋側は総雨量が1200ミリを超える記録的大雨になる恐れがあり、気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 総務省消防庁のまとめなどによると、高知など15県で7千人以上が避難所に身を寄せ、これまでに三重、岡山、愛媛、大分、宮崎各県で6人が負傷した。

 JR西日本は山陽新幹線の新大阪―小倉間で15日終日の「計画運休」を実施し、岡山、広島、山口各県で在来線の運転を見合わせる。JR四国も瀬戸大橋線を含む四国のJR全線で終日運休。日航と全日空は400便以上の欠航を決めた。

 台風の目が大きく、その周辺に積乱雲が発達しているのが特徴だ。台風が通過した後も暴風雨が続く。普段は雨が少ない瀬戸内でも大雨になる。気象庁によると、高知県馬路村で12日からの総雨量が585・5ミリ、奈良県上北山村で585・0ミリに達した。15日は高知・室戸岬で最大瞬間風速41・9メートルを観測した。

 16日午前6時までの24時間予想雨量は四国800ミリ、東海、近畿500ミリ、関東甲信、九州北部300ミリ、北陸、中国250ミリ、九州南部150ミリ。16日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国30メートル(45メートル)、九州北部27メートル(40メートル)、東海、近畿、中国、九州南部25メートル(35メートル)、北海道、北陸23メートル(35メートル)、東北20メートル(30メートル)。

 台風10号は15日午前10時現在、愛媛県宇和島市の西南西約30キロを時速約25キロで北へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心の東側330キロ以内と西側60キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

 台風は17日未明までに温帯低気圧に変わり、北海道付近に進む見通し。

関連記事