8月15日午前5時時点の台風10号の経路図(気象庁ホームページより)

 大型の台風10号は8月15日にかけて四国から九州に最接近し、上陸する見通し。西日本から東日本の太平洋側の南東側に開けた斜面を中心に総雨量が1200ミリに達して記録的大雨になる地域があるとみられる。福井県には8月15日夜から16日明け方にかけて最接近する見込みで、非常に激しい雨が降る恐れがある。福井地方気象台は土砂災害や低地の浸水、暴風、高波や高潮への警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、県内では15日昼すぎから1時間30ミリの激しい雨となり、夜から16日にかけては1時間50ミリの非常に激しい雨が雷を伴って降る恐れがある。16日午後6時までの24時間降水量は多い所で200~300ミリに達するもよう。

 15日昼前から風が強まり、夜から16日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は陸上20メートル(35メートル)、海上22メートル(35メートル)の見通し。波の高さは15日夕から3メートル、16日は4メートルとなる見込み。

関連記事