8月12日午後3時時点の台風10号の経路図(気象庁ホームページより)

 気象庁によると、台風10号は、大型の台風から超大型の台風に変わった。8月12日午後3時には父島の西南西約500キロの海上にあり、北西へ進んでいる。台風の接近に伴って15日ごろにかけて西日本中心に雨量が多くなる見込み。15日以降も雨量がさらに多くなるおそれがあるとして、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水などに注意を呼び掛けている。

 12日午後3時時点の中心の気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径330キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。13日にかけて日本の南を発達しながら北西へ進んで強い勢力となり、15日ごろには強い勢力で西日本に接近し、上陸するおそれがある。

 13日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、九州南部、沖縄地方23メートル(35メートル)、奄美地方20メートル(30メートル)、小笠原諸島18メートル(30メートル)、四国地方17メートル(30メートル)。

 13日にかけて予想される波の高さは、小笠原諸島8メートル、四国地方、九州南部、奄美地方7メートル、伊豆諸島、東海地方、近畿地方、九州北部地方、沖縄地方6メートル
。気象庁はうねりを伴った高波に警戒し、強風に注意を呼び掛けている。

関連記事