12日未明、瀬戸大橋の上空で光を放つペルセウス座流星群の流星=岡山県倉敷市(倉敷科学センターの三島和久学芸員提供)

 夏の夜空の風物詩「ペルセウス座流星群」が見頃を迎え、12日未明、各地で尾を引いて輝く流星が観測された。

 ペルセウス座流星群は、かつて彗星がまき散らしたちりのある場所を地球が通過する際、ちりが大気に突入して光を放つ現象。真夏の風物詩となっており、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並び三大流星群と呼ばれる。

関連記事